Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Recommend
Apple of our eye りんごの子守唄(白盤)
Apple of our eye りんごの子守唄(白盤) (JUGEMレビュー »)
オムニバス,蔡忠浩+アン・サリー,曽我部恵一+小池光子,蔡忠浩,アン・サリー+細野晴臣,ハナレグミ+原田郁子,千葉はな+蔡忠浩,小池光子+細野晴臣,YO-KING+土岐麻子,おおはた雄一+永山マキ,土岐麻子+おおはた雄一

Selected Entries
Recent Comments
Categories
Archives
Bookmark
Profile
Search This Site
Others

カフェモカを飲むとき


珈琲を飲むときや、一服のときのお供になれば‥

教員を目指しながら、塾講師をし、日々の生活や恋愛に悩んだり、
わくわくしたりどきどきしたり、しょんぼりしたり考えごとしたりしている
23才女子のおしゃべりです。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
四月の風
 
四月になり、装い新たに新しい風が吹き込んできている。


新しい出会いがそこにはあり、
その先には必然と別れが生まれる。


だからこそ、人との関わり合いのなかでは、
後悔のないようにしていきたい。

そう思うようになって、もう2年。


この思いだけは、大切にしていきたい。



本日、広島は晴天。

異郷の地の空を見上げながら
故郷の友の思い出を仰ぐ。


かみしめます。

Posted by sep18-zp
わたし / 22:58 / comments(3) / trackbacks(0)
ジブン
前にも話した気がするけれど、
わたしは、小さい頃からたくさん夢を持っていた。

絵描きになりたかった。

ものかきになりたかった。

シンガーソングライター(!)になりたかった。


でも、わたしが描きたくてもイメージだけで
なかなか表現できない絵を、簡単に描く友人がいる。

世の中に出回っている小説を少し読むと
自分の無能を思い知る。

わたしよりうたの上手いひとなんてゴマンといるし、
ギターは弾けないし、弾けるピアノもうまくない。


わたしの得意はなんだろう。


わたしの特別はなんだろう。


わたしの存在はなんだろう。



九月十八日、
わたしは二十四才になった。


ここまで成長できたことに、
ここまで成長させてくれた親に、家族に、友人に、恋人に、感謝した。

いくつになったら、自分にも感謝が出来るかなあ。



いつから、努力が苦手になったんだろうなあ。
Posted by sep18-zp
わたし / 02:19 / comments(3) / trackbacks(0)
飾らない自分
わたしってば本当はどうしようもないんです。
ぐーたらで。

それなのに、
かっこいい自分でばっかいようとするから、
かんぺきな自分でばっかいようとするから、

息が詰まる。


静岡という住み慣れた土地から初めて離れて、
広島という自分にとってゼロの土地にやってきて、
彼氏はいれど、友達がいないこの状況。

自分の存在、価値、意味、
つまりはアイデンティティを失い、
今年の初めからは病院に通ったりなんかして。

やる気が出ないのは、なんのせい?

自分のせいだ。
わかっちゃいるけどどーにもならない。

一生懸命とか、
努力とか、
言ってきたけど、

ほんとうは、つらい。


努力なんてしてない。
一生懸命になんてなれない。

毎日毎日ぐーたら。


ただ、救いは、じゅく。


そりゃあ、叱ったり、腹が立ったりいろいろあるけど、
いちにちのなかで、いちばんたのしいじかん。

いまは、がんばれることだけがんばろう。
がんばれるときだけ、がんばろう。

そこから始めてみよう。


このブログの内容も、しょーもないものになるかもしれない。



でも、うその自分を気取るよりよっぽど楽だ。

顔が見えないからってこんなとこでへんにかっこつけてもしかたない。


とにかく、わたしは今、そんなです。

だれも読んでいないかも知れないこのブログですが、笑
素の自分をさらしていきます、だれにもさらせないから、せめてここで。

シャキーン。

Posted by sep18-zp
わたし / 19:52 / comments(0) / trackbacks(0)
親友
火曜日の夜、親友から電話があった。

親友とはいえ、そこまで頻繁に連絡をとるわけではない。
なんでもかんでも話したり相談するわけでもないし、
会ったからといって何をするわけでもない。

ただ、いつも、くだらないことに一緒になって一生懸命になったり、
しょうもないことでひたすら笑ったり、そんな親友。

そんな彼女が急に電話をしてきた。
なんだかいつもと様子がちがうから、
彼氏でも出来たのかと思って聞いてみたら
こどもが出来たとのことだった。衝撃。

普段、恋愛の話なんて、妄想の域でしか話さないわたしたちが‥
ジャニーズのあの人と付き合ったらとか、そんなレベルのわたしたちが‥

でも、そんなだいじなときに、
彼よりもだれよりも先にわたしに相談してきてくれたことが、
嬉しいというより、意外だった。

23才、社会人2年目の彼女。
23才、フリーター2年目のわたし。笑

結婚前の男女に子どもができるってことは、
想像以上にたいへんなことだった。
今回は、彼も28才でそれなりの年齢同士だったからまだいいけど。

未成年でできちゃったとか、やっぱたいへんなんだろうなあ。
初めて、自分の身に起こったこととして捉えてみれたというか‥。

とにかく、わたしも混乱した。
だって、ひとつの生命のはなしなんだもの。

堕ろしたら、一生後悔するだろう。
いつかまた産まれたこどもの成長をみながら、
いつの日か生まれたけれど産まれなかったこどものことと重ね合わすだろう。

産んでも、後悔するかもしれない。
現に彼女は悩んでいた。

最初の時点では、中絶の気持ちの方が強かったように思う。

でも、翌日また連絡すると、
どうやら彼にも話をした結果、
産む決意をしたようだった。

嬉しいというより、複雑だった。
おそらく、彼女も同じだったろう。
決意はしたが、不安は消えない。

自分のことでないのに、
気持ちの整理に今の今までかかった。

でも、親友に新しい命が宿り、
その命を受け入れてあげられるってことは、
すごくハッピーなことなんだと、さっき気がついた。

すぐに、親友にメールした。

電話じゃ恥ずかしくて言えないから、
この喜びと嬉しさと何とも言えないハッピーな気持ちを、
文章に託して‥


親友からの返信には、

みんなに否定されると思っていたから、
あなたがそんなに喜んでくれて安心したし、
本当に嬉しい。ありがとう。

と、あった。

よかった。

ふしぎだなあ。
涙がでそうだ。

ふしぎだなあ。

今年も、激動の1年になりそうだぜ!
わたしのことじゃないけど!笑

ひととひととのかかわりって、
本当、ふしぎだね。

わたしが生まれたとき、
まだお母さんのおなかのなかで点だったとき、
周りはどんなだったのかなあ。

あなたが生まれたとき、
まだお母さんのおなかのなかで点だったとき、
周りはどんなだっただろうね。

ふしぎだね。
Posted by sep18-zp
わたし / 19:27 / comments(0) / trackbacks(0)
さっきまで笑っていたのに。
さっきまで遊んでいたのに。

急に悲しくなって、不安になって、
涙がとまらなくなる。

この週末、いつものようにコロコロして過ごして、
おいしいものもたくさん食べて、愛する人がそばにいて。

幸せなはずなのに。
幸せなのに。

眠りにつくとき、昨日、なぜあんなに泣いてしまったのか。

となりで「どうしたのー、こんなになみだ流しちゃってえ」と、
小さいこどもをあやすように、彼が言う。

彼は明日も朝から仕事なのに。もう2時だ。


つらくて、悲しくて、悔しくて、
でも、なんでかはわからない。


理由のわからないなみだは、よくない。って、
通っている心療内科の先生が言っていた。


わたしは去年の5月から、生きる拠点を静岡から広島に移した。
たぶん、その環境の変化が、わたしのこころにも大きな変化をもたらした。

結婚をする予定の彼についてきてって言われてついてきたカタチだけど、
住み慣れた町を離れ、ともだちも仕事もない新しい土地でのスタートは、
思った以上に大変だった。


あやふやな自分の存在。


1月から病院に通っている。
薬のおかげでだいぶ元気になれているけど、
たまに、やっぱりまだ、元気が出ないときがある。

元気は出そうと思って出るものじゃないから、
周りにもらうといいよ、と友人に言ってもらったことを思い出す。

こどもは元気をくれる。
今日も、元気をもらいに塾へ行く。

わたしは、優しさをあげよう。
昨日彼からもらった優しさを、
今まで友達や家族やいろんな人にもらった優しさを、
こどもたちにもあげよう。


塾は今日から新年度。
新しいスタート。新しいクラス。たのしみ。

さあ、はじめよう。
コーヒー飲んで、出かけよう。
Posted by sep18-zp
わたし / 15:28 / comments(2) / trackbacks(0)
リアル
あこがればかり持っていた。

憧れ。


外国を旅するあのこや、がむしゃらに夢を突き進むあの友達、
好きなことを追究して止まないあの人や、
大変でも、たのしく毎日を生きているあの女の子。

みんなが輝いていた。
みんなが特別で、自分は特別にはなれないと。


でも、ちがった。


特別なことなんてなくて、
自分が見なきゃいけないのは、
だれかの歩いている道ではなくて、
自分が、いま、歩いているこの道だった。

わたしの足はとまっていた。
いつのまにか。

あんなに一生懸命、
へたくそでも一生懸命走っていた足は、
いつの間にか走ることを止め、
気がついたら歩くこともやめていた。


他人のリアルを自分に置き換えるな。
自分のリアルを突き進め。


今、感じているものは、
ほかのだれでもない、自分が感じているもの。

今、ようやくまた歩き始めたこの道は、
必ずいつかの自分に繋がっている。

過去も、未来も。


今を、一生懸命生きようじゃないか。
今を、一生懸命感じようじゃないか。

熱苦しいくらいがちょうどいい。

そんな自分を、忘れてた。


わたし、ここに、今、復活です。笑
Posted by sep18-zp
わたし / 23:56 / comments(5) / trackbacks(0)