Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Recommend
Apple of our eye りんごの子守唄(白盤)
Apple of our eye りんごの子守唄(白盤) (JUGEMレビュー »)
オムニバス,蔡忠浩+アン・サリー,曽我部恵一+小池光子,蔡忠浩,アン・サリー+細野晴臣,ハナレグミ+原田郁子,千葉はな+蔡忠浩,小池光子+細野晴臣,YO-KING+土岐麻子,おおはた雄一+永山マキ,土岐麻子+おおはた雄一

Selected Entries
Recent Comments
Categories
Archives
Bookmark
Profile
Search This Site
Others

カフェモカを飲むとき


珈琲を飲むときや、一服のときのお供になれば‥

教員を目指しながら、塾講師をし、日々の生活や恋愛に悩んだり、
わくわくしたりどきどきしたり、しょんぼりしたり考えごとしたりしている
23才女子のおしゃべりです。

<< 絶えず鳴りたる携帯電話と左手薬指の見えない指輪 | main | 虚無感 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
きらわれもの
先生って、大きく分けると、二種類。

好かれる先生と、
嫌われる先生。

まあ、ひとなんて、
好かれるか嫌われるかで言ったら
絶対好かれる方がいいって言うに決まっているんだけれど、
万人に好かれるひとなんてまさかいないだろうし、
万人が好かれるひとになれるなんてことはまずない。

だれかに好かれている人も、
他方面を見ればきらわれものだったりするわけで。

その逆も、また然り。


教師‥
理想は、そりゃ好かれる教師です。
流行りで言えば、ROOKIESの川藤浩一のような。笑

しかし、いま塾で働いているわたしの評価は、
「好き」より「きらい」の方が、多いでしょう。

なぜならわたし、厳しいから。笑
少し前の流行りになるけれど、
ドラゴン桜の桜木みたいな。両極端。笑

わたしってば、宿題は勿論のこと、座り方から口の利き方まで。
ありとあらゆるところに口を出します。じぶんうざい。笑

でも、正直、今の小学生は自由奔放すぎて、ブレーキがないんです。

自我が芽生えることは成長の過程において大変重要なことだけれども、
自我を主張しすぎて、それがまかり通ることが当たり前になってしまうことは
よろしくなく、そこはきちんと教育してあげなければいけないと思う。

と、思っているからして、
わたしは教師として好かれる気は、実は毛頭ない。
だって実際、そんな教師は好かれない。

「あいさつはきちんとする」
「脚を椅子の上に出さずにちゃんと座る」

そんなようなことを毎日口酸っぱく言っている。
こんなちっちゃいこと、でも、こんな当たり前のこと。

生徒はコソコソにやにや姿勢を正したり、
だるそうに言うことを聞くふりをしたり様々だけど、
今から3年、5年後にこれらのことの真意に気が付いてくれることを、
わたしは願っている。

保守的だなあ、我ながら。笑

実際は、毎日が模索です。
彼らの将来にとって一番有効的な手段って何か、ってね。

わたしは今23才。
生徒たちを指導するときには、
どうしても今9〜12才の彼らが自分と同じ年齢、
もしくは20代というおとなの仲間になったときのことまでを、
なんとなく系統的に考えて指導する。

でも、彼らは、「今」しか見えていない。
彼らにしてみれば「今」が全て。

だれだって、小学生時分はそんなものである。

そんな、見ているところがちぐはぐな、
指導する側と、される側。

きらわれものをかってでて、
さあ、どうする。

模索の日々です。
Posted by sep18-zp
持論 / 04:41 / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 04:41 / - / -
COMMENT









Trackback URL
http://sep18-zp.jugem.jp/trackback/12
TRACKBACK